今日も想うこと

サッカーワールドカップ面白いですね

勝負の世界は勝敗は結果なので仕方のないこと

それがあって盛り上がる

昔はそこに比重が大きかったが

年を重ねていくと自分の立ち位置、取り巻く状況も変わり

自分の観る角度も変わっていることに気づく

点が入らないことことは悔しいでしょうが

試合中のプレーで良いプレーを見ると結果が負けとしても感動をもらう

そもそもプロの世界でもやはり自分より格上と言われる強豪と戦うだけでもかなりの勇気がいることだろうしプロだからこそ勝敗もあり期待もされるあるわけでよりかなりのプレッシャーがかかるだろう 

ドイツ戦もそうだっただろう

コスタリカ戦でもそうだっただろう

自分に集中して強い相手に立ち向かい挑む姿に感動する

人生いい事悪いことが代わる代わるやってくるけど、いいときは大いに喜び悪いときは大いに落ち込むがそこでずっと引きづらず改善策を学ぶチャンスであり気持ちを切り替えてまた進むっつくづく大切とさらに自覚する

何にでも言えること

気持ちのコントロールで自分のバランスを保ち高めていくと昨日の自分より成長していることを自覚する

周りの意見も大切だがそこにばかり振り回されず自分の心の声をきくこと

頑張ってるとなんだかチャンスが訪れることを感じる  チャンスを掴むか手放すかで先も変わる

昨日の自分より今日の自分

自分で自分を認めて反省して褒めて繰り返し繰り返し

人生ずっと学びだなぁ

落ち込んでばかりいられない             喜んでばかりもいられない時もあって

人生気づくといつもドラマチックなんだなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

前の記事

季節のもの